中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 英文法

【英文法】現在完了形

現在完了形の基本的な意味 

現在完了形は、have+過去分詞を使う言い方 

過去形は「過ぎ去ったこと」、現在完了形は「過去から繋がっている”今の状態”」をいう 

現在進行形と同じように現在時制の中のバリエーションの一つで、以下の状態を表す 

継続(ずっと~している) 

経験(~したことがある) 

完了(もう~してしまった、ちょうど~したところだ) 

継続を表す文 

「(今まで)ずっと~している」と言うときは現在完了形を使う 

worked here for ten years. 

⇒I have worked here for ten years. 

ここで10年間働きました 

⇒ここで10年間働いています 

 

be動詞にも過去分詞がある 

was busy yesterday. 

⇒I have been busy since yesterday. 

昨日は忙しかった 

⇒昨日からずっと忙しい 

 

for~(~の間):続いている期間の長さを伝える 

since~(~以来):始まった時期がいつなのかを伝える 

 

for a week(1週間) 

      ten years(10年間) 

      a long time(長い間) 

since Monday(月曜日から) 

          1990(1990年から) 

          I was born(生まれてから)

【例文】

・I have lived in Osaka since I was born. 

 私は生まれてからずっと大阪に住んでいます 

・We have been here since six this morning. 

 私たちは今朝の6時からずっとここにいます 

・My mother has worked here for ton years. 

 私の母は10年間ずっとここで働いています 

継続を表す文の否定文・疑問文 

現在完了形の否定文・疑問文では、doやdidは使わない

否定文のときはhave(has)のあとにnotを入れる 

I haven't eaten anything since yesterday. 

昨日から(今までずっと)何も食べていない 

疑問文はHave(Has)で文を始め、答えるときはYes, ~ have(has)./No, ~ haven't(hasn't).の形となる 

You have lived here for a long time. 

Have you lived here for a long time? 

 

How long have you ~?で、続いている期間の長さを尋ねることができる 

How long have you lived here? 

どのくらい(の間)ここに住んでいるのですか

【例文】

Have you been here since this morning? 

 あなたは今朝からずっとここにいるのですか 

・My mother hasn’t eaten anything since this morning. 

 私の母は今朝からずっと何も食べていません 

How long have you lived in this house? 

 あなたはどのくらい(の間)この家に住んでいますか 

経験を表す文 

「(今までに)~したことがある」というように、自分の「経験」ついていうときも現在完了形をつかう 

経験した回数を言うときは、~times(~回)を使う 

*「1回」はonce、「2回」はtwiceがよく使われる 

1回:once 

2回:twice 

3回:three times 

4回:four times ・・・ 

 

「~に行ったことがある」は、be動詞の過去分詞beenを使ってhave been to~で表す 

have been to Canada twice. 

 

*現在完了形は「現在」の状態を表すため、last weekのように過去を表す語句と一緒に使うことはできない 

(継続の文の〈since + 過去〉を表す語句はOK) 

また、When ~?の疑問文で現在完了形を使うこともない 

【例文】

・I have seen this movie many times. 

 私は何度もこの映画を見たことがあります 

・I have heard this story before. 

 私は以前にこの話を聞いたことがあります 

・I have met him once. 

 私は一度、彼に会ったことがあります 

経験を表す文の否定文・疑問文  

「(今までに)一度も~したことがない」という否定文にするときは、notのかわりにneverがよく使われる 

have never played baseball. 

一度も野球をやったことがない 

 

「(今までに)~したことがありますか」と経験を尋ねるときには、Have you ever~?の形がよく使われる 

Have you ever been to Kyoto? 

京都に行ったことがある?

【例文】

・I have never played a video game. 

 私は一度もテレビゲームをしたことがありません 

Have you ever seen a giraffe? 

 あなたは今までにキリンを見たことがありますか 

Have you ever heard of kabuki? 

 あなたは今までに歌舞伎について聞いたことがありますか 

完了を表す文

「もう~してしまった」「ちょうど~したところだ」と言いたいときにも現在完了形を使う 

have already finished my homework. 

もう宿題は終わらせました 

have just finished it. 

ちょうど終わったところです 

 

疑問文で「もう~しましたか」とたずねるとき、疑問文のyetは「もう」という意味になり、否定文で「まだ~していない」というときのyetは「まだ」という意味になる 

Have you finished your homework yet? 

もう宿題は終わりましたか 

haven't finished my homework yet

まだ宿題が終わっていません

【例文】

・I have just arrived at the airport. 

 私はちょうど空港に着いたところです 

Has she cleaned her room yet? 

 彼女はもう自分の部屋を掃除しましたか 

・She has already cleaned her room. 

 彼女はもう(すでに)自分の部屋を掃除しました 

現在完了形については以上です。

本内容はこちらの書籍で学習しています。

-中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。, 英文法
-

Copyright© 英語嫌いのアラフォーサラリーマン、 しかたなく英語を学ぶ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.