中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 英文法

【英文法】比較

比較級の文 

「もっと~」と言うときは、語尾にerをつけた形である「比較級」を使う 

tall(背が高い) ⇒ taller(もっと背が高い) 

fast(速く) ⇒ faster(もっと速く) 

 

「~よりも」than ~ で表し、比較級のすぐあとにthan ~ を続ければ比較級の文となる 

Tom is taller than Ken. 

トムはケンよりもっと背が高い 

 

「AとBのどちらがより~ですか」とたずねるときは、「どちら」という意味の疑問詞Whichで文を始めて、最後にA or B?を付け加える 

Which is longer, April or May? 

4月と5月ではどちらが長いですか 

 

【例文】 

・This computer is newer than that one. 

 このコンピューターは、あのコンピューターよりも新しい 

・Shota runs faster than Kenji. 

 ショウタはケンジよりも速く走ります 

・This team is stronger than our team. 

 このチームは私たちのチームより強い

最上級の文

「いちばん~」と言うときは、語尾にestをつけた形である「最上級」を使う 

最上級にはふつうtheをつける 

tall(背が高い) ⇒ tallest(いちばん背が高い) 

fast(速く) ⇒ fastest(いちばん速く) 

 

「~の中で」は、複数を表す語句ならofを使い、場所や範囲・グループのときはinをつかう 

=of + 複数を表す語句= 

of the five 5つ(5人)の中で 

of all すべて(みんな)の中で 

=in + 場所や範囲を表す語句= 

in Japan 日本(の中)で 

in my family 家族(の中)で 

 

最上級を使って「どれ(どの・・・)がいちばん~ですか」とたずねるときは、Whichで文を始める 

Which animal is the strongest? 

どの動物が一番強いですか 

 

【例文】 

・Koji is the tallest in his family. 

 コウジは家族の中で一番背が高い 

・He is the youngest of the four. 

 彼は4人の中で一番年下です 

・Which mountain is the highest? 

 どの山が一番高いですか 

比較級・最上級の変化に注意するもの

通常、比較級はer、最上級はestを語尾につけるが、そうでないものもある 

=eで終わる語にはr,stだけつける=

large(大きい)ー larger ー largest 

=busy,easy,early,happyは最後のyをiに変えてer,estをつける= 

busy(忙しい)ー busier ー busiest 

easy(簡単な)ー easier ー easiest 

early(早い)ー earlier ー earliest 

happy(幸せな)ー happier ー happiest 

=bigなどは、語尾の1文字を重ねてer,estをつける=

big(大きい)ー bigger ー biggest 

hot(暑い)ー hotter ー hottest 

=~er,~estではなく、不規則な形に変化するもの=

good(よい),well(上手に)ー better ー best 

many(多数の),much(多量の)ー more ー most 

 

「BよりもAのほうが好きだ」は、betterを使って「like A better than B」で表す 

like winter better than summer. 

私は夏よりも冬の方が好きです 

「~がいちばん好きだ」は、bestを使って「like ~ the best]で表す 

like science (the) best of all subjects. 

私はすべての教科の中で理科がいちばん好きです 

 

【例文】

・My dog is bigger than yours. 

 私の犬はあなたのものよりも大きい 

・Which is larger, China or Canada? 

 中国とカナダでは、どちらの方が広いですか 

・Today is the happiest day of my life. 

 今日は私の人生で一番幸せな日です 

more・mostを使う比較級・最上級  

比較級・最上級には、erやestをつけない語もある 

その場合、単語事態は変化させず、前にmore(比較級)かmost(最上級)をつけるだけでOK 

=more・mostをつける主な語= 

・popular 人気のある 

・famous 有名な 

・difficult 難しい 

・important 重要な 

・interesting おもしろい 

・useful 役に立つ 

・beautiful 美しい 

・expensive 高価な 

・slowly ゆっくりと 

・quickly すばやく 

・careful 注意深い 

・wonderful すばらしい 

・exciting わくわくさせる 

 

【例文】

・This park is the most famous in our city. 

 この公園は、私たちの市の中で一番有名です 

・I think Japanese is the most important subject. 

 私は、国語が一番重要な教科だと思います 

・Please speak a little more slowly

 もう少しゆっくり話してください 

as ~ as ・・・ / not as ~ as ・・・  

何かが、他の何かと「同じくらい~だ」と言いたいときは、as ~ as ・・・の形を使う 

*単語の形は変化させない 

as big as ~(~と同じくらい大きい) 

as fast as ~(~と同じくらい速く) 

My dog is as big as yours. 

 

否定文はnot as ~ as ・・・となり、「・・・ほど~ではない」という意味になる 

not as tall as ~(~ほど背が高くはない) 

I'm not as tall as Kumi.

 

【例文】

・I'm not as busy as my mother. 

 私は母ほど忙しくありません 

・My bag is as big as yours. 

 私のかばんはあなたのと同じくらい大きいです 

・This book is not as interesting as that one. 

 この本はあの本ほど面白くありません 

比較については以上です。

本内容はこちらの書籍で学習しています。

-中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。, 英文法
-

Copyright© 英語嫌いのアラフォーサラリーマン、 しかたなく英語を学ぶ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.