中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 英文法

【英文法】5つの文型

第1文型:SV(主語+動詞) 

She sings very well. *very wellは修飾語 

第2文型:SVC(主語+動詞+補語) 

I am busy. 

第3文型:SVO(主語+動詞+目的語) 

I play tennis. 

第4文型:SVOO(主語+動詞+目的語+目的語) 

He gave me a book. 

第5文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語) 

We call him Ken. 

SV(第1文型) 

主語と動詞でできている文 

動詞のあとに修飾語(副詞や、前置詞で始まる句など)がついている場合もある 

この文型で使われる動詞には目的語がなくても文が成り立ち、こういう動詞を「自動詞」という 

She sings very well. 

彼女右派とても上手に歌います 

I walk every morning. 

私は毎朝歩きます 

SVC(第2文型)

主語と動詞と補語(主語を説明する名詞か形容詞)でできている文 

「主語=補語」の関係になっている 

be動詞の文がこの文型にあたり、become(~になる)、look(~に見える)など、いくつかの分だけがこの文型をつくる 

I am busy. 

私は忙しいです 

She became a doctor. 

彼女は医者になりました 

SVO(第3文型) 

主語と動詞と目的語(「~を」にあたる語)でできている文 

「~を」にあたる目的語を必要とする動詞を「他動詞」といい、一般動詞の多くはこの文型をつくる 

I play tennis. 

私はテニスをします 

She likes music. 

彼女は音楽が好きです 

SVOO(第4文型)  

「(人)に(物)をあげる」などと言うときの文型で、目的語が2つある 

give(与える)、tell(伝える、教える)、show(見せる)、teach(教える)などの一部の動詞だけがこの文型をつくる 

He gave me a book. 

彼は私に本をくれました 

I showed her my notebook. 

私は彼女に私のノートを見せました 

SVOC(第5文型)  

「~を・・・と呼ぶ」「~を・・・にする」などというときの文型、「目的語=補語」の関係になっている 

call(呼ぶ)、make(~を・・・にする)、name(名づける)などの一部の動詞だけがこの文型をつくる 

We call him Ken. 

私たちは彼をケンと呼びます 

The news made me happy. 

そのニュースは私を幸せにしました 

5つの文型については以上です。

本内容はこちらの書籍で学習しています。

-中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。, 英文法
-

Copyright© 英語嫌いのアラフォーサラリーマン、 しかたなく英語を学ぶ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.