中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 英文法

【英文法】SVC,SVOO,SVOC

become,lookなどを使う文 

「~になる」と言うときは、become(過去形:became)を使う 

Misa became a singer. 

Misa became famous. 

 

look at~は、「~を見る」という意味でったが、「何か(誰か)が~に見える」というときもlookをつかう 

*この場合、atは使わない 

He looks happy. 

Lookのあとに前置詞like(~のように)を入れて〈look(s) like + 名詞〉とすると、「(名詞)のように見える」と言うことができる 

 

 

動詞soundは「~に聞こえる」、getは「(ある状態)になる」という意味で、どちらもあとに形容詞を続ける 

It sounds easy. それは簡単そうだ 

She got angry. 彼女は怒った 

 

【例文】 

・My father looks very young. 

 私の父はとても若く見えます 

・Daiki became a soccer player. 

 大樹はサッカー選手になりました 

・That building looked new. 

 その建物は新しそうに見えました 

give,showなどを使う文 

「(人に)~をあげる」と言うときはgiveを使う 

giveのあとに「(あげる)相手」→「(あげる)物」を続ける 

I gave him a present. 

 

「(人に)~を見せる」と言うときはshowを使う 

showのあとに「(見せる)相手」→「(見せる)物」を続ける 

Please show me your dog. 

 

「(人に)~を話す(伝える)」と言うときはtellを使う 

tellのあとに「人」→「こと」を続ける 

Please tell me the way. 

 

その他、send(送る)teach(教える)も〈動詞+人(~に)+物(~を)〉の文型で使うことができる 

 

★上記の動詞は、動詞のあとにくる「人」→「物」の順番を変えることができないが、前置詞の to を使うことで「人」と「物」の順番を入れ替えることができる 

I'll give you a persent. 

⇒ I'll give a persent to you

私はあなたにプレセントをあげましょう 

Please show me your pictures. 

⇒ Please show your pictures to me

あなたの写真を私に見せてください 

 

【例文】 

・My father gave me a bike. 

 父は私に自転車をくれました 

・Please show me your notebook. 

 あなたのノートを私に見せてください 

・I didn't tell her the story. 

 私は彼女にその話をしませんでした 

call,name,makeの文型(SVOC)  

「AをBと呼ぶ」というときはcallを使い、”call A + B"といえばOK 

*A→Bの語順が大切 

We call him Daichan. 

 

同様に、「AをBと名付ける」は、”name A + B" 

「AをBにする」は、”make A + B"という 

This song always makes me happy. 

 

【例文】 

・We named the dog Rocky. 

 私たちはその犬をロッキーと名付けました 

・The news mede him sad. 

 その知らせは彼を悲しくさせました 

・This movie made her famous. 

 この映画は彼女を有名にしました 

SVC,SVOO,SVOCについては以上です。

本内容はこちらの書籍で学習しています。

-中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。, 英文法
-

Copyright© 英語嫌いのアラフォーサラリーマン、 しかたなく英語を学ぶ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.