中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 英文法

【英文法】命令文・代名詞(目的格)

命令文 

命令文は、主語を使わずにいきなり動詞で始める 

また、命令文は「命令」する時だけに使うとは限らず、使われる場面や口調によって、感じは大きく変わる 

Come here!(こっちへ来い!) 強⇔弱 Come here.(こっちにおいで) 

 

Please「どうぞ(~してください)」を使うと、命令の口調を和らげることができる 

Please stand up.(Stand up please.) 

 

命令文は、何かをすすめたり、申し出たりするときにも使われる 

・Have some tea.(お茶をどうぞ) 

・Use this umbrella.(この傘を使って) 

また、道案内でも使う 

・Go straight.(真っ直ぐ行ってください) 

・Turn left.(左に曲がってください) 

 

【例文】 

・Please open the door. 

 ドアを開けてください 

・Please write your name here. 

 あなたの名前をここに書いてください 

・Look at the picture. 

 この写真を見て 

Don't~. / Let's~. 

「~してはいけません」「~しないでください」と言うときには、命令文の前にDon'tをおけばOK 

*普通の命令文と同じように、pleaseをつけることも可能 

Open the door.(ドアを開けなさい) 

Don't open the door.(ドアを開けてはいけません) 

 

「~しましょう」と誘ったり、提案したりするときにはLet'sを使う 

Let'sのあとには動詞を続ける 

Let's sing together.(一緒に歌いましょう) 

 

Don'tとLet'sのあとには必ず動詞の原形がくる 

 

【例文】 

Let's go to the park. 

 公園に行きましょう 

Let's go home. 

 家に帰りましょう 

Don't take pictures here. 

 ここで写真を撮ってはいけません 

代名詞 

代名詞は、「だれだれ」「だれだれ」の意味になるときは次のように変化する 

・me(私を) 

・you(あなたを、あなたたちを) 

・him(彼を) 

・her(彼女を) 

・us(私たちを) 

・them(彼らを、彼女らを) 

前置詞のあとにくるときも、この形を使う 

Come with me

 

【例文】 

・Do you know him? 

 あなたは彼を知っていますか 

・Listen to her carefully. 

 彼女の言うことをよく聞いて 

・Please don't talk to me. 

 どうか私に話しかけないで 

命令文・代名詞(目的格)については以上です。

本内容はこちらの書籍で学習しています。

-中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。, 英文法
-

Copyright© 英語嫌いのアラフォーサラリーマン、 しかたなく英語を学ぶ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.